machicoo’s diary

アラフォー既婚子ナシ転妻

旦那様

年の離れた旦那様が

ずっと寝ている私にお昼を買ってきてくれる

子供を望まないのは主人なので

恨みつらみが消えない訳ではないが

思い返すと

仕事の激務や責任による重圧で

それを考えるどころではなかったのだろうと

優しくされると納得もしてあげたくなる

大きな息子だと思おうか

父より

他の誰より真面目で頭の良い優しい人を獲得したのだ

世の中で生きてくのが辛いのは

主人もきっと同じだ