machicoo’s diary

アラフォー既婚子ナシ転妻

望むこと

わかっているのは
哀しみと焦燥感だけ

毎日毎日続く

どうしてこんなに生きるのが辛いんだろう

目覚めるたびに現実は重くて
せめて自分の身体で温めた布団にくるまってじっとしていたい

それだけで解決したら良いのにと
ありもしないことを夢見る

 早く時が過ぎて欲しい
時間が欲しい人にあげられたら
どんなに良いだろう

生きたいのに生きられない人と
変わってあげられることができたなら
どんなに良いだろう

迷惑をかけず
身近な人の望むことのために過ごしてきた時間は
振り返ったとき
これで良かったと思えるのだろうか

後悔だらけだ

でも
それを私以外の人が望むなら

少しずつ壊れていく
誰か助けて欲しい

でも
こんな私でも
もっと私に助けて欲しいと願う人がいる

壊れても
それが今の私の仕事なら

望むものは、全てあなたの幸せを願うこと

最後空っぽになろうとも
自分以外の人が苦しむことの方がイヤだ

空っぽになることこそ望むものなのかもしれない

それでもいいよ、と
誰かに言って欲しい