machicoo’s diary

アラフォー既婚子ナシ転妻

心がガチガチに凍る

自分を出したり
反省したり
良かれと思って親切にしたつもりが
上から目線で腹が立つと言われたり

この家の夫婦喧嘩の仲裁に入ると
両者は私の言うことに納得する

そう解決してきたものだから
よそでもそのように仲裁していると
知識をひけらかしたいだけのように捉えられてしまっている
実際そうで、相手は気分が悪いのだろう

反省すべきか
気にしないか
そんなことでまた頭の中がモヤモヤする

自分の中の発見を
他人に教えようだなんて百年早いわ

そんなことを反省するのはほどほどにして
なぜ自分の中の発見を人に押し付けたのか

私は何がしたかったのか

共感が欲しかったのか
認めて欲しかったのか

それが得られなくてショックを受けたのか

どれも違う

人のために良かれと思って
勝手にアドバイスした

相手がそれを嫌がるとすぐわかったのは、子供を産むことを経験した方が良いとアドバイスする年上の人の言葉に腹が立ったことがあるからだ

悪気はない
でも、それが素晴らしいという押し付けは気分が悪くなるだけだということに気づかない

私は楽しかったから、あなたもそうしたら良いのに、何で素直じゃないの?という押し付け

そのアドバイスは有難いものなのか
間違いではないことはわかっているけれど
そうじゃない幸せはどこにいってしまうのか、わかって言っているのか疑問だ

というか、望まないアドバイスをするあなたは、私に何をしてくれるのか
その後の責任をとってくれるのか

私が勝手にアドバイスしたことに対して、無意識にそうやってる、と言われ、傷ついた

正論だ
ここは大いに反省したい

しかしそうなると
ますます人とは深く関わりたくないし
自分の世界で生きていこうと思ってしまう

それが良いのか悪いのか
これまたわからなくなる

解決などしない
生きるのはめんどくさい